壁の蓄熱

壁の蓄熱

夏、家の中が熱くなり、熱帯夜の時などは寝汗をかいてたまらない経験をお持ちだと思います。風の無い日などは窓を開けても涼しくならず、眠気と暑さの戦いに疲れ体力を落としてしまいます。

昔の家の外壁は板で作られていましたが、現在はモルタルやサイディングで作られることが多く、それが暑さの原因の一つになっています。夏の強い日差しを受けた2~3cm塗られたモルタルは、しっかりと熱を蓄えます。特に西日が当たる部分は手で触れないくらい熱くなり、日が沈んでもジワジワ熱を出し続けるのです。

バケツに入れた水はひっくり返せば無くなりますが、モルタルに蓄熱された熱は輻射熱として長時間出し続けます。断熱性の悪い壁の場合、室内側の石膏ボードを温め、壁一面から輻射熱が放出されます。その結果部屋の温度が上がってしまい、外気温より部屋の温度の方が高くなってしまうのです。

外壁の温度を上げない工夫として西日除けのオーニングや大きめの植物・ゴーヤ・朝顔等の植物もいいと思います。
しかし一番いい解決方法は断熱材を性能の良い物に変える事です。夏涼しく過ごせる家は冬には暖かく過ごせる家になります。
性能の良い家に暮らすと幸せな気持ちで一年中過ごせます。