原発再稼働の是非

原発再稼働の是非

東日本大震災から丸3年が過ぎました。福島をはじめ多くの被災地の復興が本格的に行われているようですが、新たな問題も起きているようです。震災で傷ついた心に思うように進まない復興が重くのしかかり、精神的に追い詰められてしまっているのです。

今国は原発再稼働に向けて審査基準に則り調査を進めていますが、不備が多く未だ一か所も再稼働しておりません。しかし電気は何とか足りているようですが、休止や老朽化して稼働していなかった火力発電所を無理やり動かしているのが現状のようです。燃料のガス代が貿易収支を何兆円もの赤字にしており、電気料金もどんどん上がっています。原発そのものの反対者も多く、なかなか難しいかじ取りを迫られています。

しかし日本は世界最高水準の原発技術を持っており、世界に原発を輸出しています。国内には50基建設されています。我々は冷静に原発に向き合う必要があり、感情的に是非を問うことは日本にとって良いこととは思えません。

我々の出来ることは燃費の良い車に変えることや、家電製品を省エネタイプの物に切り替えたり、照明をLEDにしたり、太陽熱を有効利用する事で思いつめずに普段通りに生活しても相当改善できると思います。