耐震補強 ツッパリ棒

耐震補強 ツッパリ棒

地震はいつ何処で起きるか分かりません。だからこそ事前の備えが大切で、色々な耐震補強の考え方が広まっています。

基本は倒れない家を造ることは無理で、いかに倒れにくくすることです。そして大きな地震が発生した時にいかに逃げる時間を確保することができるかなのです。基礎を丈夫にし、壁を強くして、屋根を軽くして、建物全体のバランスを良くすることでそれを叶えようとしています。

そもそも家自体を倒れにくくする事も大切な事ですが、部屋の中にある箪笥やテレビ・冷蔵庫が地震の揺れで凶器となります。私は家を造る立場にある者として疑問が1つあります。箪笥と天井の間にツッパリ棒を取り付ける様に奨励していますが、天井の下地はそんなに頑丈に作られてはおりません。何もしないよりはいいと思いますが、安心してはいけないと思います。壁の柱と金物を使ってしっかり固定すべきだと思います。

冷蔵庫や大型のテレビも同じことが言えます。阪神・淡路の時は冷蔵庫の上にあった小型テレビが3m位飛んで反対側の壁にぶつかったことが報道されていました。建物が倒壊する前に部屋の中の家財道具で怪我や身動きが取れなくなり惨事にならない様、理屈に合った耐震補強をお勧めします。