オール電化はエコですか

最近テレビを含めマスコミで、オール電化を大々的に宣伝しています。地球温暖化を食い止めるには電気を使うのが一番良い様に宣伝しています。しかし電気はどの様に作られているのでしょうか。原子力発電で40%以上、火力発電で55%以上、水力発電は数%です。

原子力発電でどうしても残るプルトニウム。長崎を消し去った原爆では、1kgのプルトニウムが爆発しました。現在日本に貯まっているプルトニウムは100トン位あります。プルトニウム239が放射能安全化まで、48万年かかります。毎年、毎年増え続ける、放射性廃棄物(プルトニウムだけではありません)をいったい何処に保管するのでしょうか。火力発電は、あと数拾年で資源が枯渇すると言われています。

私達の出来ることは、目的に合わせてエネルギィーを使うことだと思います。照明や・冷房の様に電気でなければ出来ないものと、暖房や・給湯の様に電気に頼らなくても出来るものとは、使い分けるべきだと思います。太陽熱を利用してお湯を作ると、暖房と給湯に電気は要りません。家庭の電気代の62%は暖房と給湯に使われています。地球環境を考えてコマーシャルに踊らされない自分を取り戻して下さい。