蓄熱式床暖房

これから寒い季節を迎えますが家の中の温熱環境は如何ですか。寒くなったらエアコンを点ければ良いと思っている貴方、原子力発電が止まっている今、日本中節電をしなければならない時です。電気を使わず太陽熱温水器を利用して給湯・暖房をする仕組みがあります。

一般家庭のエネルギー消費の60%以上が給湯と暖房に使われており、照明や動力・音響・エアコン等電気でなければ使えない物は30%程度です。太陽熱で熱くなったお湯を床下のコンクリートの中に螺旋状に張り巡らせ、コンクリートを温めます。一度温まったコンクリートは石と同じ様になかなか冷める事無く、遠赤外線を放出し続けます。太陽が沈んだ夜間でも部屋の温度は一定に保つ事が出来るような仕組みになっています。

太陽光発電が推奨され、売電することで費用が回収出来ますという、営業トークで本来のエコロジーを見失っていませんか。電力の消費を抑えて太陽熱の利用を積極的にすることで、日本の経済の立て直しに協力しませんか。火力発電の燃料輸入で日本の経済力は低下しています、家庭の給湯・暖房を太陽熱の利用に変えることで、原発に頼らなくても電力量は充分足りると思います。